初めての方へ

広告掲載

■広告掲載のお申込方法について
・お申込を行う際は、掲載可否をご確認の上、実施内容を当社広告担当者(ad@soccer-aid.jp)までご連絡ください。
 また、その際は事前に空き枠の確認をお願い致します。

■掲載可否基準について
・広告主様の掲載可否審査を行っております。掲載をお断りする場合がございますことをご了承ください。
・広告掲載開始後であっても、当該広告およびランディング・ページの一部または全部が各種法令に違反している、或いはその恐れが認められる場合には、弊社は当該広告の掲載を即時に中止できるものとする。

■商材及びクリエイティブについて
・実施いただくにあたり、商材内容及びクリエイティブの確認は必ず事前に行うことを基本とする。
・実施後においても、ユーザークレームが発生またはその危惧があると判断した商材内容およびクリエイティブは、直ちに修正依頼および掲載の停止を行うことができる。

■キャンセルについて
・実施契約成立後に広告主または広告取り扱い代理店が広告実施契約をキャンセルする場合、当該広告実施料金に下記のキャンセル料率を乗じたキャンセル料を支払うものとする。

1)5営業日以内に入稿後、掲載開始4営業日以内のキャンセル…0%
2)5営業日以内に入稿後、掲載開始3営業日以内のキャンセル…30%
3)5営業日以内に入稿後、掲載開始2営業日以内のキャンセル…60%
4)5営業日以内に入稿後、掲載開始1営業日以内のキャンセル…90%

広告枠開設以来、広告掲載基準の遵守に努めています。
広告掲載基準を以下の3つに分類して運用しています。

(1)基準の概要
(2)業態による非掲載ガイドライン
(3)ピクチャー広告表示に関する注意点
(4)基準の概要

広告掲載の拒否権
「サッカーエイド」運営会社J ONE(以下、当社)は、公式コンテンツ・一般コンテンツに関わらず掲載される広告について、当該広告が公序良俗に反するものであると判断した場合、掲載を拒否、若しくは中止させる権利を有し、その理由を明示する義務を負わないものとします。また、公式コンテンツへの広告に関しては、各通信キャリアの広告掲載基準を基に、当社にて掲載判断をすることとします。

広告責任の所在
・「サッカーエイド」に掲載された広告またはその内容(リンク先のサイトを含む)に関する一切の責任はお客様が負うものとします。
・キャリアのネットワーク障害、停電、天変地異、広告主様側のサーバー障害等、当社の責めに帰すことが出来ない事由により、広告が表示されない、または広告枠よりリンク先への接続が出来ない場合には、当社は一切の責任を負わない。
・当社は掲載広告のコンバージョン、広告の効果等についてなんら保証を行わない。
・広告の表示に関して、利用者の使用機器、ソフトウェア、通信回線の動作保証は行わない。
・広告掲載中に当該広告からのリンクがデッドリンクとなった場合やリンク先のサイトに不具合が発生した場合、当社は当該広告掲載を停止することができるものとし、この場合当社は広告不掲載の責を負わないものとします。

倫理要綱
・広告は真実を伝えるものであること。
・広告は、利用者に不利益を与えるものでないこと。
・広告は、「サッカーエイド」の品位を損なうものでないこと。
・広告は、関係諸法規に違反するものでないこと。  
・次の各項に該当するものは、掲載できない。
・関係諸法規に違反、または違反の恐れがあるもの
・責任の所在が不明確なもの、内容が不明確なもの
・虚偽、または表現が不正確で誤認される恐れがあるもの
・経済の安定性、健全性を欠いた経済行為に関わる広告
・広告表示内容とリンク先の内容が著しく異なるもの
・個人情報保護法に違反するもの
・他人の名義や写真を無断で使用しているもの
・第三者の商標権、意匠権、著作権等の知的所有権および名誉・プライバシー等の人格権、その他第三者の権利を侵害する、または恐れがあるもの
・投機、射幸心を著しく煽る表現のもの
・詐欺的なもの、またいわゆる不良商品とみなされるもの
・非科学的、または迷信に類するもので、利用者を迷わせたり、不安を与える恐れがあるもの
・宗教団体の勧誘、又は、布教活動の係るもの
・選挙の事前運動、選挙運動、又は、これらに類似する行為、及び、公職選挙法に抵触する恐れのあるもの。
・内外の国家、民族などの尊厳を傷つける恐れがあるもの
・信用毀損、業務妨害となる恐れがある表現のもの
・社会秩序を乱す次のような表現のもの
・暴力、賭博、麻薬、売春等の行為を肯定、美化したもの
・醜悪、残虐、猟奇的で不快感を与えるもの
・性に関する表現が露骨でわいせつなもの
・その他、風紀を乱したり、犯罪を誘発する恐れがあるもの 
・その他当社が妥当でないと判断したもの

業態による非掲載ガイドライン
・いわゆる街金融にあたる一部金融機関(※)
・全ての風俗店
・わいせつまたは、過度に暴力的と認められる映画・演劇に関するもの
・わいせつ図書ならびにプライバシーや信用の毀損にあたる図書を販売する出版
・公式サイトではない、コミュニティサイト。いわゆる出会い系サイト
・賭博に関わるもの
・レジャー産業、とりわけ事業内容・主体が不明瞭な会員・クラブ運営組織の会員券販売や メンバー募集(ゴルフ、テニス、その他)
・事前にサービス料金設定が不明瞭で、なおかつクーリング・オフが不可能な高額施術を行うエステやビューティ・ショップ
・個人授業などで実態・内容・施設・効果が不明瞭かつ不当に高額受講料を要求する養成施設・専門学校
・商品先渡しを原則としない割賦・通信販売に関わるもの
・不正運営にあたる子供・老人有料施設広告
・法定診療科目以外の医療・薬や医療器具販売を行う機関、若しくは法定許可範囲を逸脱した効果・効能を表現した医療品・化粧品の類
・医療、医療品、化粧品において効能・効果性能等を厚生省が承認していないもの
・旅行業者として登録をしていない業者によるパック・ツアーや旅行・留学募集に係わる広告
・小額投資で高収入が得られるような表現や、実際には物品を売りつけることが目的の代理店募集や副業・投資への参加を呼びかけたもの
・職業安定法・労働基準法・男女雇用機会均等法などに明らかに反する人材募集に係わる広告
・未成年ユーザーに対する配慮に著しく欠けるもの
・無店舗での結婚斡旋に関する広告
・ネット通販及びコンテンツ販売を行うサイトで「特定商取引法」の表示がないもの
・その他、当社が不適切と判断するもの

(※)以下に該当する金融業者については、この限りではない。
1)消費者金融:TV出稿経験あり、東証1部上場、 JCFA(日本消費者金融協会)加入
【以上のうちいずれかにあてはまるもの】
2)キャッシング:銀行法下にあるもの
3)クレジットカード:単独で国際認知度があり、国際使用できるカード

ピクチャー広告表示に関する注意点
FPの掲載広告は、それが広告であること、および広告主またはサービスが特定できるもの
(PR、ADマークまたは、CLICKマーク)を 明示しなければならない。



LINEで送る